ネスカフェ バリスタ

2019年新発売!バリスタ最新作「ネスカフェ バリスタ デュオ」徹底レビュー

2019年10月8日にネスレ日本からネスカフェ バリスタシリーズから最新機種が発表されました!

その名も「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ」。

2016年10月1日に発売された「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ アイ」以来、約3年ぶりの新機種になります。

この記事では「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ」についていち早くご紹介いたします。

【ネスカフェ バリスタ デュオ 公式サイト】

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオとは

そもそもバリスタシリーズは、他のネスレ日本が販売しているコーヒーマシンの中でもコーヒー粉末で作るコーヒーメーカーです。

簡単に言ってしまえば、インスタントコーヒーが手軽に更に美味しく飲めるマシーンといえます。

そんなバリスタシリーズの最新作が「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ」です。

黒のデザインでまるでお店においてあるコーヒーマシンのようなとても格好いいデザインですね。

手間がバリスタ50 奥がバリスタ アイ

これまでのバリスタシリーズはどちらかというと可愛いコーヒーマシーンでしたので、とても新鮮な印象です。

バリスタ アイとバリスタ デュオを比較

写真を見てみるとどうやら、少し大きいようにも見えますね。

大まかなスペックを確認してみましょう。

抽出方法タンク容量価格(税込)サイズ重量
オートストップ2,000ml14,800円幅:18.0m
高さ:43.4cm
奥:30.4cm
約5.4kg

抽出方法タンク容量価格サイズ重量
オートストップ1,000ml5,980円幅:17.8cm
高さ:32.0cm
奥:28.9cm
約3.4kg

この様にスペックを比較してみると、バリスタ デュオは非常に大きくバリスタアイよりも高さが10センチも大きいです!

私がバリスタアイについて詳しく知りたい方は、使ってみた感想をまとめた記事の「【口コミ・評判】バリスタアイを2年使い続けて気づいたこと」をご覧ください。

さらに水のタンクも2リットルもあるとのことで、家族でコーヒーを飲む方やオフィスで使う方にオススメといえます。

一人暮らしや、置く場所がない!という方はこれまでのバリスタ50をオススメします。

しかも今なら0円でレンタルできるので、下記より公式サイトを御覧ください。

【ネスカフェ バリスタ50公式サイト】

バリスタ デュオの特徴

それではこの最新のバリスタ デュオですが、一体これまでのバリスタと何が違うのでしょうか。バリスタ デュオには大きく3つの特徴があります。

DUAL TANK(デュアルタンク搭載)

これまでコーヒーの粉を入れるタンクの1つだけでした。

それに今回は専用のミルク粉末を入れる粉を入れるタンクが追加されました。

これによりミルクを使ったコーヒーを飲む時でも、いちいちミルクを準備する必要がありません。

従来のモデルではネスレブライトを飲む度に、入れる必要があったのでさらに便利になりました。

ネスレブライト

ネスレブライト

タッチディスプレイ

バリスタアイでもタッチディスプレイでしたが、更に見やすくわかりやすくなりました。

デュアルタンクにより本格的なカフェラテも、ボタン1つで飲めるようになりました。

キメやかなミルクフォーマーとクレマ

お店で飲むようなきめ細やかな泡と見た目の美しいカフェラテを飲むことが可能になります。

これまでよりも、豊かな香りと深い味わいを楽しむことができるそうです。

上の写真を見ても、とても美味しいでそうよね。これを家で飲めるようになるなんてとても楽しみです!

バリスタ デュオで飲めるメニュー

ここでバリスタ デュオで飲めるメニューを紹介したいと思います。

大きくは変わりませんので、これまでバリスタシリーズを使ったことがある方はおさらいになります。

エスプレッソ

ブラックコーヒー

ブラックコーヒー マグカップサイズ

カプチーノ

カフェラテ

アイスコーヒー


アイスカフェラテ

本当にお店で出てくるようなカフェラテが飲めるのがすごいです。しかもこの8種類がバリスタ デュオでボタン1つで飲めてしまうことに驚きです・・・

バリスタ デュオの使い方

バリスタ デュオのディスプレイの見方について、解説します。

左上がコーヒー残量、右上がブライト(ミルク粉末)量を表示してくれます。

これは、従来のバリスタシリーズにはなかった機能です。

バリスタアイを毎日使って飲んでいたら、中のタンクのコーヒーの粉が無くなっていた!なんてことがありましたが、バリスタ デュオであればなくなる前に気づくことができます!

バリスタ デュオ プラスは法人向けに発売

そして、バリスタ デュオは法人向けのバリスタ デュオ プラスも同時に発売しました。

どちらかと言えば、こちらの法人向けのバリスタ デュオ プラスがすごいんです!

なぜなら、キャッシュレス決済対応になっており、お客さんに勝手にお金払ってもらい、コーヒーを注文し、抽出まで全て無人で行うことができるんです。

この様に、お店に置いておくだけカフェを開くこともできるというわけです。

ただ、近年はその伸びも勢いが緩やかになっているという。同社レギュラーソリュブルコーヒービジネス部の島川基部長は「最近は競合他社でも、コーヒーのサブスクリプション(定額制)や定期購入をうたうサービスが増えてきた」と説明する。コンビニコーヒーなどに代表されるコーヒーブームも一服してきた中で、コーヒーにおけるアンバサダーの「次のマーケティング」を模索する必要が出てきたという。

そこで、ネスレ日本が11月中旬からレンタルで打ち出したのが、キャッシュレス決済機能を搭載した新機種だ。「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ プラス」で、ネスカフェの専用アプリの他、Suicaなど交通系カードで支払いできる。

新機種でネスレが狙う新市場はオフィス以外の、外からの来客が集まる事務所・ショップだ。具体的にはレストランのほか、そもそも飲食物を扱っていなかった自動車販売店やフラワーショップといった非飲食系の店内でレンタルしてもらう。利用者が1人で決済可能なため、ショップの運営者は手間を掛けずに、缶コーヒーなどより比較的安価な金額でコーヒーを来客に販売できる。

今回の新機種開発に携わった島川部長は「特に(訪問した人の)『待ち時間』が発生する非飲食業のショップにおけるコーヒー需要を取り込む」と説明する。その際、マシンを置く事業所側のネックになりやすいのが、発生する集金の余計な手間だったという。そこで決済機能そのものをマシンに搭載することで、導入へのハードルを下げた。

ネスレ日本、「アンバサダーの次」のコーヒーマーケティング戦略とは/ITメディア

このように、デュオは元々BtoB向けの商品のようで家庭向きではなさそうです。

まとめ

ついにバリスタの最新作が来たか!と思って楽しみにしていましたが、私はブラックコーヒーしか飲まないので、カフェラテなど様々な飲みたいという家族向けにオススメの機種のように思いました。

とはいえ、どちらの機種でもバリスタはなんと言っても、カプセルなどの設定もせずにボタン1つで気軽に飲めるという点が気に入ってます。

価格帯も14,800円で高価格帯、そしてなんと言ってもでかい!笑

と思ったら、毎月500円でマシンを購入せずともバリスタデュオをレンタルできるサービスが始まったようですね。

詳細は公式サイトから確認してみてください。

【ネスカフェ バリスタ デュオ 公式サイト】

家族が多いご家庭にはバリスタデュオでもいいと思うのですが、二人位で楽しむにはバリスタ50が良いかなというのが個人的な感想でした。

またバリスタアイならマシーンを購入せずとも、0円でレンタルができるサービスを行っているのでオススメです。こちらも公式サイト限定でのサービスなどので下にリンクを乗せておくので良かったら確認してみてください。

【ネスカフェ バリスタ50 公式サイト】